遺言書を遺すメリットとは?【大切なご家族がもめないために】

遺言書を遺すメリットとは?【大切なご家族がもめないために】

こんにちは司法書士の勝猛一(カツタケヒト)です。

資産家が亡くなった後に相続でもめるという話は珍しくありません。

「今まで仲良かった人が相続で争って人間関係が崩壊した」なんてことは非常に悲しいことです。

ですが遺言書があることによって相続でもめることがなくなります。

自分の大切な人が争う姿なんて見たくありませんよね、、、

今回は遺言書を遺すメリットについてご紹介します。

遺言書を遺すメリットとは?

残されたご家族が相続でもめなくなる

遺言書を遺すことで残されたご家族が相続でもめることがなくなるのが最大のメリットでしょう。

相続が発生する場合は相続人全員の意見を一致させる必要があります。

それを全ての財産についてです。

数がたくさんあると途方も無い時間がかかることになります。

時間がかかることによって当然疲れもたまっていきます。

実際これまで仲良かった兄弟も相続でもめたために関係がぐちゃぐちゃになってしまったなんて話もあります。

一度壊れてしまった人間関係というのは修復がかなり難しいです。

ですが遺言書があることで相続関係でもめることがなくなります。

亡くなった人の意思も尊重することができます。

相続人が遺産の分配方法で悩まなくなる

遺言書があることで誰に何を分配するかをご家族が悩まなくても良くなります。

遺言書にはよってどのように分配するかが決められているからです。

ですが遺言書がないと遺産をどうするかを相続人全員の意見が一致するまで行い続ける必要があります。

それを省けることが遺言書のメリットとなります。

結果としてご家族の負担を大きく減らすことができます。

亡くなった人の意思を尊重することができる

遺言書は亡くなった人の意思によって作成されています。

そして亡くなった人の意思は最大限に尊重されなければいけません。

遺言書とは亡くなった人の最後の意思ですからね。

そして遺言書は法的拘束力のある書類です。

基本的に遺言書の内容に従う必要があります。

つまり遺言書があることによって亡くなった人の最後の意思を最大限に尊重できるということです。

「遺言書を遺すメリット」のまとめ

今回は遺言書を遺すメリットについてご紹介しました。

遺言書があることの最大のメリットは

ご家族が相続でもめなくなることです

やはり相続でもめると今まで仲よかった家庭がめちゃくちゃになる可能性があります。

そんなのは悲しいですからね。

大切なご家族が相続でもめないためにも大きな財産があるばあいはしっかりと遺言書を作成しておきましょう。

そうすることでご家族がもめることも少なくなりますよ。

(注)この記事は、一般の人向けにわかりやすい言葉を使うことを優先しています。専門家から見て法律的な正確さが犠牲になっている点はご容赦ください。

ご相談・お問い合わせ

成年後見、任意後見に関するご相談やお気軽にお問い合わせください