そなえる任意後見

あなたの財産守ります
そなえよう100年時代

「そなえる任意後見のメリット」merit

信頼できる人を
「後見人」に選べます!

認知症になってから後見人制度を使うとあなたのことを知らない専門家等が後見人になってしまう場合もあります。 将来にそなえて「おひとりさま」も安心! 元気なうちに信頼できる人を後見人に選べる任意後見契約をしましょう。

認知症にそなえるabout it

司法書士 勝 猛一
医療の発展で人生100年時代を迎えたことによって長生きできるようになりましたが、年れを重ねると脳の働きは鈍るというのが現実。誰もが「認知症」になる可能性があるのです。認知症の人は、まだまだ増えていきます。人は高齢になると「認知症になっても自分らしい生き方ができるのか?」「財産をどのように管理すれば良いのか?」と頭を悩ませます。そのような人々の人生に伴走し安心した老後を迎えることができるよう任意後見や民事信託という制度を中心に法的な側面からお手伝いをしたいと思っています。

勝司法書士法人のつよみour strength

  • 任意後見の第一人者の専門家・専門部署がサポート!
  • 後見の仕事をわかりやすく説明、丁寧にアフターフォロー!
  • 実績多数!後見人の経験豊富なスタッフが対応!
  • おひとりさまも安心。専門のスタッフが丁寧に対応!
  • 1

    任意後見の第一人者の専門家・専門部署がサポート!

    豊富な実務経験者が具体的な解決策を提案。勝司法書⼠法⼈が「後⾒⼈」となり、皆さまを継続的にサポートすることも可能です。
    任意後見の第一人者として「任意後見の実務」(日本加徐出版)を出版しており、専門家向け任意後見セミナー講師等のご依頼も多数いただいております。
    任意後見のトップランナー勝司法書士法人に安心してご相談ください。

  • 2

    後見の仕事をわかりやすく説明、丁寧にアフターフォロー!

    勝司法書士法人では、契約後も手厚いアフターフォローを用意しています。
    アフターフォローとして帳簿サンプルの提供、電話やZOOMでのご相談を受けています。わからないことがあればいつでもご相談ください。

  • 3

    実績多数!
    後見人の経験豊富なスタッフが対応!

    「後見人」を自分で選べる。それが「任意後見」の良さです。「おひとり様」や親族が遠方で不安をお持ちの方は、元気なうちに対策を考えることが重要です。勝司法書士法人が「後見人」となり、認知症になってもあなたの老後を支えます。

  • 4

    おひとりさまも安心!
    専門家がじっくりご相談にのります。

    他事務所にはない後見専門の部署があるので、いつでも相談しやすい!
    当ホームページ上のお問合せフォーム、メール、LINE〜でのご相談を受け付けております。お気軽にご連絡ください。丁寧な対応によりお客様から感謝の声をいただいております。

ご利用からの流れflow from consultation

公正証書になるまでに約2ヶ月〜3ヶ月!

  • step01 お問い合わせ 勝司法書士法人にまずはご相談ください。お問い合わせフォームの他に、電話、LINE、ZOOMでもご相談を受けています。
  • step02 面談・お見積り ヒアリング、提案、お見積り、家族状況の確認、財産状況の確認、ご本人様の意向の確認をさせていただきます。
  • step03 任意後見契約の内容の検討 STEP2でお聞きした情報をもとに、任意後見のプロがお客様に合わせた任意後見契約のご提案をさせていただきます。
  • step04 任意後見契約の公正証書作成 任意後見契約を公証役場で公正証書にします。

お客様からいただく感謝の声Customer’s Voice

  • 50代 N様 男性

    担当の司法書士さんが親身に相談に乗ってくださいました。
    私が金融機関に勤務していた頃に成年後見の研修を受けたことがあり両親への法定後見は避けたいと考えていました。
    将来、親に成年後見を使わないよう何か対策がないか調べたところ勝先生のYouTube動画を見つけました。
    私は徹底的に調べるタイプなので、先生のチャンネルのすべての動画を見ました。
    YouTubeの解説が大変わかりやすかったので、さっそく勝先生に面談を申し込みました。
    Zoomや面談などで打ち合わせを重ね、半年かけて両親と私たち兄弟との任意後見契約と民事信託の契約をすることができました。その節は大変お世話になりました。

  • 50代 S様 女性

    お世話をしている叔母のお金の管理を専門家にお任せすることができ非常に気持ちが楽になりました。
    私の叔母にはかなり資産がありますが子どもがいません。
    親戚にお金のことで疑われるのは嫌だったので、顧問税理士さんに相談したところ勝事務所さんを紹介してもらいました。
    法人として後見人にもなってくれるとのことで、叔母と面談してもらい叔母も勝事務所さんを信頼して、認知症になる前の財産管理契約と将来のために任意後見契約をしてもらいました。
    これで叔母の身の回りのお世話だけに専念できるので、本当にホッとしました。
    ありがとうございました。

  • 80代 T様 女性

    勝司法書士法人は、私にとって信頼のおける人生のパートナーのような存在です。
    私の兄は、入所していた施設の紹介で勝事務所と任意後見契約をしていました。
    兄が司法書士さんに相談しながら、任意後見契約や遺言書を作るのをそばでずっと見ていました。
    もし私が任意後見契約をすることがあるなら、勝さんの事務所しかいないと思っていました。
    私には子どもがいますが、転勤族で遠方に住んでおり当てにはできません。
    今回、私が施設への入所を決めたのを機会に子供にも同席してもらい勝事務所に将来の任意後見人になってもらう契約をしました。
    今後もよろしくお願いいたします。

  • 実際に任意後見を行ったお客様より、
    「満足できた」
    「安心できた」

    というお声を多数いただいています。

料金fee

契約時の報酬(別途、公証役場費用等がかかります)

30万円~(税込330,000円〜)

具体的な業務内容
・任意後見契約書の作成
・ライフプランの作成
・公証役場の予約や同行
・アフターフォロー 
など。

お客様からよくいただく質問FAQ

Q任意後見人になるには資格などがいるのですか?
A任意後見人は誰でもなれます。信頼できるご友人でも大丈夫です。
Q任意後見人になってくれそうな人がいません。どうしたら良いですか?
Aご本人が選んだ司法書士や弁護士などの専門家が任意後見人になれます。
Q任意後見人に報酬を払うのはいつからですか?
A契約した時からではありません。
ご本人の判断能力が衰え、家庭裁判所が後見人の仕事を監督する人(任意後見監督人)を選んでからです。
Q任意後見人は複数いても大丈夫ですか?
A大丈夫です。法人を選ぶことも可能です。
Q本人は足が不自由で外出できません。自宅にきてもらえますか?
Aあらかじめ電話やメール等でご予約をいただき伺うことは可能です。
Q任意後見契約は公正証書にする必要がありますか?
A任意後見契約は、公正証書で作成するよう法律で決められています。
Q任意後見契約はいつ終わりますか?
A本人や任意後見人が死亡や破産した時です。
また、契約終了の手続きをすれば終了することもできます。
Q本人が任意後見監督人を選べますか?
A家庭裁判所の手続き書類の中に、希望を記載することは可能です。
しかし、最終的には家庭裁判所が任意後見監督人を選びます。
Q任意後見監督人にかかる費用は?
A本人の財産額によって決まり、月額1万円~2万円程度でしょう。
この額は家庭裁判所で決められ、本人の財産から支払われます。

会社概要company

会社名
勝司法書士法人
所在地
【大阪事務所】 〒550-0012
大阪市⻄区立売堀一丁目3番13号
第三富士ビル 9F
TEL:06-6585-7666
FAX:06-6940-6071
【東京事務所】 〒105-0001
東京都港区⻁ノ門五丁目11番15号
⻁ノ門 KT ビル 6F
TEL:03-5472-7286
FAX:03-5472-7287
【横浜事務所】 〒221-0056
横浜市神奈川区金港町6番地14
ステートビル横浜 6F
TEL:045-534-7688
FAX:045-534-7681
               
代表社員
勝 猛一
設立
2003年06月
会社名
勝資産承継株式会社
所在地
〒105-0001
東京都港区⻁ノ門五丁目11番15号
⻁ノ門 KT ビル 6F
代表取締役
勝 猛一
設立
2009年03月06日
お問い合わせ

受付時間 平⽇10:00~19:00

↑